グーグルサイトマップ作成ツール - Bluehawk's lab.

グーグルサイトマップ作成ツールは、Google等で利用できる共通サイトマップ(sitemaps.org)形式のサイトマップをHTMLのソースから作成するツールです。(ブラウザ上でJavascriptにて動作し、サーバーと一切通信しませんので、URLなどを他のサーバーに送るのが気になる方にもお勧めです)


サイトマップジェネレーター(簡易版)

【HTML source(抽出元となる)をコピーして抽出ボタンを押します】
(1)HTML source
【Option:必要に応じてオプションを指定してください】

Domain Name(ドメイン指定です。指定しない場合は全てのリンクを対象とします)


除外・絞込み指定(除外・絞込みの指定をします)

(2行目も使用できます)
(オプションはドメイン名、除外・絞込みの指定ができます)



【抽出した内容はここに表示されます】





【上記の抽出した内容でよければ作成ボタンを押します】

Sitemap source (サイトマップ)

サイトマップジェネレーター(簡易版)の使い方

  • サイトマップを作成したいページのHTMLソースをコピーし、「(1)HTML source」欄にペースト
  • 「(2)Sampling (抽出)」ボタンを押す
  • 「(3)Make map (作成)」ボタンを押す
  • できたソースをエディタなどにコピペして保存(UTF-8)してください。
※ソースが大きい場合(2)と(3)は少し時間がかかる場合があります。

サイトマップジェネレーター(簡易版)の詳細

【詳細機能】
  • ドメイン指定が未入力の場合は、全てのリンクが対象(初期設定)
  • ドメイン指定を入力し「指定のドメイン名を追加」とした場合、「http://」以外で始まる全てのリンクにドメイン名を追加します。主に相対指定を想定しており、「ドメイン名/パス」でも動作します。ドメイン指定を追加する際「/」が重複しないように適宜自動調整します。
  • ドメイン指定を入力し「指定と同じドメインのみ対象」とした場合、ドメイン指定と一致するリンクのみ抽出されます。サイトのリンクが主に絶対指定「http://○○/○○.html」の場合を想定しています。
  • 除外・絞込み指定は、対象と一致するリンクのみ「含める」又は「含めない」機能です。「,」区切りで複数記述できます。
  • HTMLソースを入れ替えながら何度も抽出してから作成することもできます。複数のページに対応してサイトマップを作る場合にご利用ください。
※重複するリンクはひとつになります。
※共通サイトマップはgoogleやyahoo!、msnなどが対応している(あるいは対応を表明)しているフォーマットです。

【特徴】
  • 複数ページ対応
    (URLによる自動巡回型ではありませんが、複数のページでも抽出を繰り返すことで一つのサイトマップとして作成できます)
  • 除外・絞込み指定
    (対象となるリンクを調整できます)
  • URL件数が無制限
    (件数制限がありません。但しブラウザやメモリに依存しますので、多すぎるとブラウザがフリーズするかもしれませんのでご注意を)
  • 対象を確認して作成できる
    (サイトマップ化する前に抽出リストを確認して、修正や削除が行えます)
  • 説明文が日本語です(笑)

サイトマップジェネレーター(簡易版)について

  • 動作確認は Firefox1.0.8/1.5.0.10/2.0 | Opera9.10 | InternetExplorer6で行いました。
  • このツールではJavaScriptを使用しています。